醤油の初心者にも分かりやすい!日本料理に欠かせない美味しい醤油の知識をご紹介します

このサイトでは日本料理に欠かせない美味しい醤油の知識をご紹介しています。
初心者にも分かりやすい内容となっているので、この調味料について詳しくなれるでしょう。
日本の食卓に欠かせないものとなっている、この調味料の製造方法に関しても解説しています。
作り方を知れば、奥深い発酵・醸造の魅力が感じられるかもしれません。
また様々な料理に役立つ調味料ですが、中でも風味を生かす美味しい食べ方を知っておくのもおすすめです。

醤油の初心者にも分かりやすい!日本料理に欠かせない美味しい醤油の知識をご紹介します

醤油の初心者の場合には、普段何気なく醤油を料理に使っていることが多いでしょう。
しかし醤油にも一般的に広く使われている濃口をはじめ他に淡口やたまり、白醤油など実は様々な種類のものがあります。
普段濃口醤油だけを使っているという人も多いかもしれません。
せっかくならば、それぞれの特徴を知って料理によって使い分けると食生活がより豊かになるでしょう。
通販でも様々なタイプが購入できますので、食べ比べてみるのも面白いはずです。

醤油は種類によって使い分けるのがおすすめ

醤油の種類は、JAS規格によって5種類に分類され、職人では6タイプとして紹介されています。
白と淡口、甘口、濃口のほか再仕込みや溜で左側より色が淡くてしょっぱい風味、右側が色が濃くて旨味を感じるタイプです。
醤油はタイプによって使うのがおすすめであり、一般的には調理用とかけるようで使い分ける場合もあります。
関東などでは濃口一本でまかなうことも多く、料理ごとに分けるとなるとピンとこない方も多いでしょう。
白や淡口は塩味強いが強いですが、調理に使うよ素材の彩を綺麗に活かしてくれるし、出し巻やお吸い物に合います。
甘口や濃口は、調理にもかけても使いやすい万能タイプですが、開栓して空気に触れると酸化が早いので、1カ月程度で使い切ることをおすすめします。
再仕込みや溜は熟成期間が長くて色が濃くて味わいがしっかりしていることが特徴で、赤身の魚や脂身の強い肉と一体感を楽しめたり、肉じゃがや照り焼きにも照りがきれいに仕上がります。
醤油のことを知って使い分けると、毎日の食生活がさらに楽しくなること間違いなしです。

日本でも地域で醤油の味が異なる?

日本人の食卓には欠かせない調味料といえば、醤油が挙げられるほど日本を代表する調味料です。
日本だけではなく世界中で愛されている調味料で、様々な料理に使用されています。
醤油と一括にしても様々な種類があり、風味や味は異なります。
大豆と小麦と塩という原料は変わらずとも製法によって特徴が変わり、料理によって使い分けをしているという人も多くいます。
醤油は大きく5つに分かれていて、こいくちとうすくちとたまりとさいしこみとしろに分類されています。
地域によっての違いでは北海道や北陸や東北や関東では、こいくちが主に使われています。
中部地域はたまりやしろの発祥地としても知られていて、近畿はうすくちの発祥地です。
山口県は、さいしこみの発祥地であることも知られています。
こいくちであっても甘みの少ないタイプが好まれる場合と、甘みが多いタイプがよく料理に使われる場合など様々です。
万能調味料でもある醤油を色々と試してみて、自分に合った味を探してみてはいかがですか。

密封ボトル入りの醤油のメリットとは

日本の伝統的な調味料として、人気が高いのが醤油です。
世界でも日本の醤油人気は相当なもので、世界中の料理に使用されています。
大豆と小麦と塩を麹菌や酵母菌や乳酸菌の分解によって製造される醤油は、発酵食品との相性も良く健康や美容に関心が高い人達からの人気も高いです。
長い歴史を持つ醤油ですが最近多くのメーカーが販売しているのが、密封ボトル入りの商品です。
密封ボトルはその名の通り、空気が入らない密封されたボトルが特徴的です。
メリットとしては空気が入らないので色や味や香りなどが、空気に触れることによって劣化してしまうのを防ぐという点が挙げられます。
新鮮な美味しさを開栓してからも保つことが出来る為、多くのメーカーに採用されているボトルの構造です。
また卓上に置いて使う場合密封二重構造となっている為、注ぐ量をボトルを押して調節出来る点も支持されています。
出し過ぎを防げることで、適量をかけて料理を楽しむことが出来るメリットもあります。

伝統的な製法で作られる醤油の特徴や魅力

日本食は現在、世界各地で高い評価を得られるグルメとなりました。
2016年にはユネスコ世界遺産の無形文化財に登録をされており、空前の日本ブームの火付け役になったほど。
低カロリーでヘルシーという点が注目をされており、健康的な食べ物です。
そして必ず使用をされる調味料があるのですが、何かご存じですか。
正解は醤油であって、現在では色んなメーカーから販売をされています。
大量生産をしているものは工場で作っていますが、通販では伝統的な製法を守ったスタイルで製造をしている醤油も買い求めることが可能です。
その魅力を簡単に解説をすると、まず昔ながらの味を満喫することができます。
麹を含ませたものが伝統製法で、濃厚な甘さを兼ね備えたものです。
通販では基本、工場直販となるため、仕上がった新製品を買いもとめることも可能。
毎年蔵出しをされる醤油を自宅に届けてくれるわけです。
醤油はあ必須の調味料でこだわった品を買いたいところです。

醤油に関する情報サイト
美味しい醤油の豆知識

このサイトでは日本料理に欠かせない美味しい醤油の知識をご紹介しています。初心者にも分かりやすい内容となっているので、この調味料について詳しくなれるでしょう。日本の食卓に欠かせないものとなっている、この調味料の製造方法に関しても解説しています。作り方を知れば、奥深い発酵・醸造の魅力が感じられるかもしれません。また様々な料理に役立つ調味料ですが、中でも風味を生かす美味しい食べ方を知っておくのもおすすめです。

Search